インフルエンザ治療薬、タミフル

タミフルはインフルエンザA型とB型の両方に効果がある薬として知られています。タミフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用すれば効果が高まるので早めの服用が重要です。

タミフルやイナビルと一緒に解熱剤を使用して良いか

インフルエンザに感染した場合、リレンザ、タミフル、イナビル、ラピアクタのいずれかが使用されます。
ラピアクタは点滴薬のため、薬の服用が難しい方に処方され、タミフルは異常行動を起こす危険性のある10代には使用されません。リレンザ、イナビルは吸入薬ですが回数に違いがあり、イナビルは最初の1回吸入するだけで、良いとされています。
インフルエンザにかかると、まず熱が出ます。たいていは38度をこえるほど高いことが多く、高熱の影響もあって悪寒や関節痛などが起こってきます。熱によって脳に障害が起こるわけでなないので、無理に下げる必要はありません。逆にウイルスは低い体温の時に活発になり、増殖するので、増殖を抑えるには体温を上げる必要があります。また、体温が高いほど免疫力は活発に活動します。ですが体温が高く、ぐったりとしている時は、対処療法としてタミフルやイナビルとともに解熱剤が処方されることがあります。
解熱剤にはいろいろな種類がありますが、病院で処方されることが多いのは、アセトアミノフェンやイブプロフェンです。この2つはインフルエンザに感染した場合でも使用することができますが、アスピリンは使用することはできません。アスピリンを使用してしまうと、インフルエンザ脳症になる危険性があります。市販されている解熱剤には飲んではいけない成分のものもあるので、安易な使用はやめるようにしましょう。
タミフルやイナビルは効果のある薬です。服用を開始すると、数日で症状が回復してきます。体力と免疫力をつけることが必要となるので、他の薬はなるべく使用しないようにしましょう。眠れない日が続く、頭が痛くて良く眠れないなどの時は、医師と相談をし病院から薬を処方してもらうようにします。