インフルエンザ治療薬、タミフル

タミフルはインフルエンザA型とB型の両方に効果がある薬として知られています。タミフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用すれば効果が高まるので早めの服用が重要です。

タミフルと粉末と意識のこと

タミフルの処方箋が出た場合に、粉末でタミフルのお薬が出るケースがあります。

このような粉末のお薬の場合には、特に小さなお子さんの場合には、粉末のお薬を飲むことをとても苦手としており、錠剤ならば、何とか飲めるというお子さんでも、特にまだ小さなお子さんの場合には、薬の苦さなどもあることから、粉末タイプを飲むことがとても苦手な方が大変に多いです。

そのような時の、粉末薬の飲ませ方ですが、粉末の場合には、どうしても苦みなどが口に残ってしまうこと、これらが難点であるため、オブラートに上手に包み、それを飲み込ませる、という形もありますが、これも慣れないお子さんの場合には、かなり難しいものになります。

また一方で、もしお医者さんの許可が取れた場合には、プリンなどに混ぜてこのようなタミフルの粉末を混ぜて、食べさせると、何とか食べてくれる、というケースもあります。

ただ、糖分をとっていい時であるのか、またこのようにプリンなどと一緒に混ぜても大丈夫であるのか、ということなどを、お医者さんに許可をとってから、飲ませた方が確実です。

また、以前にこのような粉末などの薬やタミフル関係のお薬で意識を失ったことがある場合には、必ず主治医の先生など、診察してくれる先生などに、このようなことを伝える必要性があります。

特に、あまりにも高熱で、緊急的に夜間に病院に入った場合には、このような経緯を知らないケースが多いため、必ず、過去にタミフルなどのお薬で意識が失われたこと、または、他にもアレルギーなどがある場合には、このような過去のケースを説明する必要があります。

まだ小さなお子さんの場合には、自分でどのようなアレルギーなどがあることも分からないため、親御さんがしっかりと説明をしてあげる必要があります。