インフルエンザ治療薬、タミフル

タミフルはインフルエンザA型とB型の両方に効果がある薬として知られています。タミフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用すれば効果が高まるので早めの服用が重要です。

タミフルとエテンザミドの点滴について

インフルエンザなどの感染症が流行しますと、事前に予防接種をおこなうことが理想的だとされていますが、実際にインフルエンザなどの感染症にかかった場合は、適切な処置のひとつとして点滴をおこなうケースがあります。タミフルは点滴だけではなく処方薬として服用する場合が多いわけですが、たとえば高熱が引かないなどの症状がある場合はエテンザミドとともに点滴をおこなうことがあります。と言いますのも、インフルエンザなどの感染症にかかりますと、身体の免疫力が弱くなっていますので、食欲もない状態ですから栄養の摂取がむずかしいという状態になります。そのようなときにタミフルやエテンザミドの点滴をおこなうことによって、症状の改善も期待できるだけではなく、点滴から栄養も摂取することができるというメリットがあるわけです。ですから、インフルエンザなどの感染症になったときには、抗生物質を服用するという手段もありますが、タミフルやエテンザミドの点滴をおこなうこともひとつの方法になるということがわかります。このタミフルとエテンザミドですが、処方薬として服用する場合と点滴として摂取する場合でも、成分はおなじですから症状の改善に差が出てくるということはありません。しかし、点滴のほうがより早く身体に吸収されやすいという特質を持っていますので、インフルエンザなどで高熱が続くなどの場合は、タミフルやエテンザミドを効率よく摂取することが大切になってくることは確かです。いずれにしましても、タミフルやエテンザミドは、病院で医師の判断によって処方される処方薬になりますので、用量や用法をきちんと守って服用することが重要であることは間違いありません。