インフルエンザ治療薬、タミフル

タミフルはインフルエンザA型とB型の両方に効果がある薬として知られています。タミフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用すれば効果が高まるので早めの服用が重要です。

タミフルとアセトアミノフェンの併用と解熱剤との比較

インフルエンザにかかった場合の症状としては、突然38度以上という高熱が出て、のどの痛み、頭痛のほか、関節痛、筋肉痛といった、全身に及ぶような症状もあらわれるというのが特徴になっています。このような高熱を下げるために、以前は解熱剤を使用するということもよく行われていましたが、そもそも発熱というのは免疫力を高めてウイルスを駆逐しようとする体の自然な反応であって、無理に下げることがかえってよくないという考え方のほうが、現在では主流となってきています。また、インフルエンザのウイルスに感染後、解熱剤を投与したところ、逆に重篤な症状をひきおこしてしまったという事例も海外で確認されるようになったことから、これも解熱剤の投与を抑制する圧力となっています。実際にインフルエンザにかかった場合には、抗インフルエンザウイルス薬として、タミフルのような医薬品の処方が行われるのがふつうといえます。タミフルは熱や痛みといった症状の緩和というよりも、むしろウイルスそのものに対してはたらき、その増殖を抑制するといった作用をもつものです。したがって、タミフルを5日程度も服用していれば、インフルエンザのウイルスは勢力を失い、免疫も獲得して、熱や痛みなどの症状も結果として改善されることになります。このタミフルに加えて、症状の緩和のために他の医薬品を併用することはあり得るものですが、どうしても熱を下げる必要がある場合には、アセトアミノフェンのような解熱剤が投与されるケースが比較的多いといえます。これは、小児のインフルエンザにおいて、解熱剤のアスピリンを投与したところ、ライ症候群とよばれる、急性脳症などの症状があらわれた事例があることが原因となっています。そのため、特に小児に対しては、解熱剤を併用するのであれば、もっぱらアセトアミノフェンが選択されるようになっています。