インフルエンザ治療薬、タミフル

タミフルはインフルエンザA型とB型の両方に効果がある薬として知られています。タミフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用すれば効果が高まるので早めの服用が重要です。

タミフルで治らない!?季節性インフルエンザ

冬になると必ずと言ってよいほど流行するのがインフルエンザです。
季節性インフルエンザと呼ばれており、タミフルを処方されることが増えていますが治らない場合があります。
タミフルを服用しているのに、治らない理由として2つ考えられます。
1つは、インフルエンザに感染してから48時間以内に服用していないです。
タミフルなどのインフルエンザ治療薬は、体調異変を感じてから24時間~48時間以内に服用することで、高熱に悩まされる期間を短期にできます。
インフルエンザに感染した体内では、ウィルスが急速に勢力を増しますが、タミフルによって抑制されることで増殖が抑えられ、高熱でうなされる期間を短くできます。
インフルエンザに感染してから48時間以降に服用すると、ウィルスが体内で増殖する十分な時間を与えてしまうので、効果を感じにくくなってしまうのです。
もう一つの理由として、季節性インフルエンザの種類があります。
インフルエンザには、A型とB型とC型の3つがあります。
A型は38度~40度の熱を発し、関節痛や筋肉痛を感じる、喉が痛み咳き込むといった症状が現れます。
B型の場合は38度前後の熱が出て、胃痛や腹痛、下痢な喉症状が出ることがあります。
C型は、38度前後の熱が出ると同時に、鼻水が大量に出ることがあります。
このように、インフルエンザには3つのタイプがあり、それぞれに特徴がありますが、このうちタミフルが効果を発揮するのはA型と言われているので、B型やC型の場合は効果を感じにくいかもしれません。
またB型にはインフルエンザ治療薬リレンザが効果を発揮しますが、リレンザは吸引式なので、6歳~7歳以上が対象になります。
インフルエンザにかかった場合には、高熱にうなされるため食事もままなりませんが、脱水症状を避けるため、頻繁に水分補給をしてください。