インフルエンザ治療薬、タミフル

タミフルはインフルエンザA型とB型の両方に効果がある薬として知られています。タミフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用すれば効果が高まるので早めの服用が重要です。

インフルエンザは何故冬に流行するの?徹底解説

冬に必ず猛威をふるうインフルエンザ。
なぜ冬にだけ流行するのか、一度は疑問に思った方がほとんどでないでしょうか。
インフルエンザは、風邪などと同じくウイルス感染によって起こる感染症の一つですが、症状は風邪と比べものにならず重篤です。
潜伏期間は2日~1週間で、突然の高熱、関節痛や頭痛などの痛み、全身の倦怠感や食欲不振などが起こり、全身症状に発展することが大きく異なっています。
特に子どもや高齢者など免疫力の弱い場合に、放っておくと肺炎や脳炎を合併して重症になりますので、必ず適切な対応が入用です。

風邪は一年中罹患するものですが、インフルエンザは11-12月から流行となり、翌年1-3月の寒い時期にピークを迎えて、春には沈静化します。
その大きな原因として、湿度と気温があげられます。
インフルエンザウイルスは、患者のくしゃみやせきに含まれる鼻水などの粘液が飛沫浮遊して他人の体内に取込まれることで感染していきます。
また患者の鼻水などが付着した容器などを触った手で口や鼻を触ることでも感染します。
湿度が低いほど、こうした飛沫の水分が蒸発して軽くなるので、より遠くへ浮遊し口や鼻へ入りやすくなります。
また気温が低いほど人間の体の抵抗力は下がり、低い湿度とあいまって口や鼻内部の粘液が出にくくなりますので、乾燥したところへウイルスが浮遊し体内まで入っていきやすくなります。

インフルエンザに罹らないための予防法

インフルエンザは潜伏期間中からウイルスの感染力が強いため、自覚症状がないままに他人と接触して移してしまい、予防が難しい病気です。
高熱が出てから3日後位が感染力のピークとなります。
こうしたインフルエンザですがもちろん注意して予防することも可能で、乾燥を防ぐことが最大事になります。

ウイルスを浮遊させにくくする自宅など室内の湿度は、50-60%がベストといわれています。
こまめに湿度をチェックし、40%を下回るとウイルスが浮遊しやすくなりますので、加湿器など利用して最適な湿度になるよう心がけます。
職場など公共の場で全体加湿が難しい場合は、小型の加湿器が出回っていますので、自分の周囲だけでもスポット加湿することをおすすめします。
加湿器がなくても、濡れタオルをしぼってハンガーなどで部屋にかけたり、洗濯物を室内に干して乾燥させる、石油ストーブなどある場合はやかんで水を沸かすなどすることで、けっこう湿度を上げることができます。

また、暖房を有効に活用して室温を適切なレベルに保持することが重要です。
健康な生活を心がけ、体の免疫が弱まらないよう食生活に留意します。
これはインフルエンザだけでなく万病の予防となります。
帰宅したら手洗いうがいを励行し、ウイルスに侵入されないように注意します。
その上で、電車通勤など不特定多数の方と同席しなければならない環境にある場合は、毎年の流行にあった形の予防接種が各種病院で受けられますので、流行前に接種することをおすすめします。