インフルエンザ治療薬、タミフル

タミフルはインフルエンザA型とB型の両方に効果がある薬として知られています。タミフルはインフルエンザ発症後48時間以内に服用すれば効果が高まるので早めの服用が重要です。

タミフルと精神疾患について

タミフルはインフルエンザの治療薬として高い評価を受けている薬です。しかし高い効果とは裏腹に、副作用についても一時期大きな話題となりました。それはタミフルの服用と精神疾患の関係です。タミフルを服用した人、特に10代の未成年者が幻覚などの精神症状を引き起こしたり、突然に建物から飛び降りて自殺を図ったりする事態が相次ぎ、タミフルとの因果関係が疑われたのです。厚生労働省も事態を重く見て、これらの異常行動について詳細な調査を実施しました。しかし現在でもタミフルと精神疾患の因果関係は判明していません。ただ異常行動が起こったこと自体は事実ですので、安全性確保の観点から、10歳以上の未成年に対しては原則として使用を差し控えるように指導されています。このように現状ではタミフルと精神疾患の因果関係は証明されていません。幻覚や幻聴などの症状は、インフルエンザそのものがもたらしている可能性も否定できないのです。またインフルエンザにかかわらず高熱がでた場合には、わけのわからないことを話したり、意識が混濁して異常行動をするという事例も報告されています。ですから全ての異常行動がタミフルの副作用であると確定することはできないのです。もちろんこれらのことは医師のほうも熟知しており、それぞれの状況に応じた抗インフルエンザ薬を処方しています。したがってタミフルが処方された場合は、医師がそれを使用してもいいと判断したうえで、必要だからこそ処方してるのです。精神疾患が心配だからといって薬を飲まなければ、確実にインフルエンザが悪化してしまいます。そのほうが身体にとっては重大な影響がでてしまいますので、医師の指示には必ずしたがうようにしましょう。

タミフルと血圧薬との併用は大丈夫?

タミフルはインフルエンザの薬です。インフルエンザのウィルスが増える原因になる酵素の働きを阻害する作用があります。インフルエンザにはいくつかの種類がありますが、タミフルはA型とB型に有効であると言われています。この薬を飲むと、頭痛や関節痛といったインフルエンザの症状を軽くすることができます。インフルエンザが進行した状態で服用しても効き目は少なく、初期の段階で飲むのが好ましいとされています。血圧薬としてよく使われているのは、降圧剤です。血圧が高い状態が続いていると、脳梗塞や心筋梗塞といった危険な病気を引き起こす可能性が高まるので、降圧剤が使われます。降圧剤の働きの一つは、血管を広げることです。血管が広がると、血液の抵抗が小さくなるので、血圧が下がっていきます。また心臓を休ませる働きもあります。降圧剤にはいくつかの副作用があり、併用を避けた方が良い薬もあります。しかし、タミフルと併用しても特に問題はありません。タミフルはインフルエンザの症状がおさまったら、服用を止めます。飲む期間の短いのがこの薬の特徴の一つです。降圧剤は長期間飲み続けることが多い薬です。血圧をコントロールするために、長い間飲み続けなければなりません。インフルエンザから回復した後も、飲むことになります。降圧剤を飲み続けているときに、タミフルも飲み続けることはないので、タミフルの影響は小さくなります。ただし、血圧が高い人はいろいろな合併症を抱えている場合があります。その場合は、降圧剤以外の薬を飲まなければならないでしょう。血圧の高い人は腎臓も悪いことがあり、腎臓の薬を服用することがあります。タミフルは腎機能が低下していると、血中の濃度が上がって副作用が出ることがあります。血圧が高くて、腎臓が悪い人はタミフルの服用は、医師に相談してから決めましょう。

子供にタミフルを飲ませる方法

いつの時代も子どもというのは病院で処方される薬やドラッグストア等で市販されている薬を飲むのを嫌がるものです。そして現代の大人達の中にも、子ども時代に親に無理やり苦い薬を飲まされたことをいつまでも覚えていて、トラウマのようになってしまっている人達は沢山いるのです。インフルエンザになってしまった場合、最近では患者にタミフルを飲ませて治療するという方法が増えてきていますが、このタミフルももちろん例外ではなく、子どもは飲むのを嫌がります。しかし親としては医者からタミフルはインフルエンザによく効くと言われてしまえば、何としてでもどのような方法を使ったとしても、子どもに飲ませたいと思うものです。しかし同様になるべく手荒な方法は使わずにスムーズに飲ませたい、そのような親は思っているものなのです。もしも子どもにスムーズにタミフルを飲ませたいと思っているのであれば、タミフルを服用することによって身体が辛いのが早く治るのだよということを諄々に語っていくと良いです。子供というのは大人と違ってとても素直です。なのでどんなに馬鹿げていることだったり、通常では考えられないようなことであっても、純粋に無邪気に信じようとします。特に子どもにとって親というのは絶対の存在ですので、親がそういっているのであれば頑張って飲んでみようと思うようになるものなのです。それからいくら説明してもタミフルを飲もうとしない子どもの場合、思い切って餌でつるという作戦に切り替えてみるのも一つの方法です。例えば頑張ってタミフルを飲んだら美味しいケーキをあげるとか、何か一つおもちゃを買ってあげる等といってタミフルを自分から飲みたいという気持ちにさせるのです。